【BtoB企業必見】会社紹介動画を制作する際のポイント、メリット、具体的な事例

会社紹介映像、展示会プロモーション、社員総会・イベント映像、営業ツール、動画×Webサイト制作…
単に動画を作るだけではなく、動画を作ったその先まで、丁寧にデジタル総合コンサルティングサポート。

ハイクオリティブランディング動画制作funu

はじめに

動画マーケティングが普及しつつある昨今、その内容は多岐にわたっています。
そんな動画マーケティングの分野に会社説明があり、多くの企業がその業界の分野を問わずに配信しています。
今回、この会社紹介や会社説明といった動画はどのようなものなのか、また動画作成の内容やメリット、デメリット、更にそれらの成果物である成功事例についてBtoB企業においても活用できるケースをまとめました。

企業紹介動画

制作事例
電力中央研究所 ENICコンセプトムービー

電力中央研究所内の先進的な部署「enic」を表現するためのコンセプトムービー。
説明的な映像にならないようにタイポグラフィーで歴史を表現し、VFXで未来感を表現。
動画制作 : 株式会社Funusual

1.会社紹介動画について

会社紹介動画といってもどんな目的の動画で、どのように制作すればいいのでしょうか。
このような疑問に対して最初に会社紹介動画とはどんなものか、BtoB企業が会社紹介動画を導入する目的は何かについて紹介していきましょう。
この2つを知ることができれば、会社紹介動画の大まかな全貌が分かるはずです。

1-1. 会社紹介動画(会社説明動画)とは?

会社紹介動画とは、自社の情熱が伝わること、その情熱を基本に自社のビジョンや事業内容を、より明確に動画を通じて視聴者に伝えることです。
そして、会社説明の動画作成を通じて百聞は一見に如かずという格言の通り、たった1分間の動画でパンフレットで延々と文字の羅列を読んでもらうよりも確実に自社はどのような企業なのかということを伝えられます。
自社というものを短時間で端的に、そしてダイレクトに伝える有効な手段が会社説明動画といえるでしょう。

1-2. BtoB企業が会社紹介動画を導入する目的

BtoB企業が会社紹介動画を導入する目的は、より短時間でクライアントとなり得る企業に対して信頼を獲得し魅力的だと感じてもらうことです。
この信頼獲得と魅力を感じるという重要な2つの要素をクライアントとなり得る企業に伝えるには、自社をよく知ってもらうことが必要です。
この、自社をよく知ってもらうための手段として動画作成が重要なのです。

BtoB企業は、業界内の口コミや人脈、あるいは厳しいコンペを勝ち抜いてクライアント企業を獲得します。
こういった手法でクライアント企業を獲得するには、自社をよく知ってもらうことで、より有利に働くことも少なくありません。
そんな自社を知ってもらう手段として動画作成を通じた会社説明は必要といえるでしょう。
BtoC企業のように媒体に広告を掲載したり、CMを流したりといった手法がしにくい分野なだけに、会社説明動画は業界内に対して大きな広告効果をもたらします。

このようにBtoB企業が会社紹介動画を導入する目的として、自社の信頼獲得を通じてクライアント企業との契約を取り付けやすくすることが挙げられます。

2.会社紹介動画の制作ポイント

カスタムライブ動画配信

BtoB企業の動画作成はクライアント企業を獲得するために自らをPRすることです。
その目的を達成するためには以下の4つのポイントを挙げることができます。

BtoB企業の動画作成ポイント

  • 目的の明確化
  • ターゲットの決定
  • 動画の流れをまとめる
  • 動画制作会社へ依頼する

この4つのポイントを押さえることで、BtoB企業の会社説明動画がより効果的なものになるでしょう。

2-1. 目的を明確にする

目的を明確にします。
先ほど紹介した情熱を伝えること、自社のビジョンや事業内容を伝えることが基本になります。
しかし、動画作成に当たっては、この3つの要素をより具体的なものに昇華させることが必要です。

例えば、老舗企業であれば伝統や歴代のこだわりなどを伝えたり、現在のトップが直接分かりやすくビジョンを語ったり、あるいは現場の担当者が事業内容を説明したりといった、それぞれの企業がどのような形で伝えるかがポイントです。

2-2. ターゲットを決める

ターゲットの明確化もBtoB企業の会社説明動画の動画作成で重要なポイントです。
BtoB企業はBtoC企業以上に業界関係者など、より詳細なターゲットを絞ってアピールすることが求められます。
このターゲットの決定があいまいだと、訴求力が低下し会社紹介動画もありきたりなものになってしまいがちです。
どのようなクライアント企業をターゲットにするかによって、動画作成の内容も変わってきますから、動画作成の最初期にターゲットを明確化させましょう。

2-3. 動画の流れをまとめる

動画の流れをまとめることも重要です。
会社説明動画は短時間で濃縮された内容にすることが求められます。
特にBtoB企業の会社説明動画の場合、担当者が延々と30分も自社の動画を見てくれるということは決してありません。

そのため数分程度で自社のこだわりやビジョン、事業内容を伝えきる必要があります。
このような内容にするためには、あらかじめ流れをまとめておくことが重要です。

2-4. 動画制作会社へ依頼する

ライブ動画配信コンサルティング

ここまで紹介してきたポイントを動画配信に慣れていない企業がいきなり取り組むのは、不可能でないにしろ困難です。
仮に制作ができてプラットフォームにアップロードしたとしても素人感がどうしても出てしまいます。
プロを相手にするBtoB企業であれば、たとえ会社説動画であっても素人感を出してしまうのは信頼獲得において禁忌です。
このような禁忌とも言える状況を回避する意味でもプロ集団である動画制作会社へ依頼するのがおすすめといえます。
上記の3ポイントについてもスムーズな案内をしてくれるだけでなく、動画の流れも非常にコンパクトで訴求力のあるものが期待できます。
BtoB企業だからこそ、会社説明もプロフェッショナル感を出したものにすべきという意味で動画制作会社へ依頼するのもポイントといえるのです。

3.会社紹介動画のメリットデメリット

会社紹介動画のメリットやデメリットを紹介していきましょう。
あらかじめ、このメリットやデメリットを知っておくことで、より会社説明動画が理解できるはずです。

3-1. BtoB企業が会社説明を動画作成で行うメリット

BtoB企業が会社説明を動画作成で行うメリットは、自社の製品を動画で紹介できる、どのような会社かをPRできる、そして意外な分野から声がかかる可能性があることです。

BtoB企業の製品は営業車などで持ち込めないようなものも少なくありません。
そんな製品やサービスを自社の事業所で動画のアピールができるのはメリットです。

先ほども触れたメリットとして、短時間でどのような会社かをPRできます。
やはりクライアントとなる相手も時間に追われているため、長い文章のパンフレットを読んだりする暇はありません。
短時間で、自社がどのような会社かを伝えるには動画が最適です。

動画をアップロードするプラットフォーム(Youtubeなど)によっては、意外なところから自社の製品やサービスを知りたいという声がかかることがあります。
ターゲットを絞るために決められたところに自社の会社説明動画のURLを送付することがあるものの、プラットフォーム自体は完全なクローズではないため、検索によって自社を知る可能性も少なくありません。
こういったチャンスがあるのもメリットです。

3-2. BtoB企業が会社説明を動画作成で行うデメリット

BtoB企業が会社説明を動画作成で行うデメリットは、相手の反応が分かりにくいこと、動画作成の撮影のために時間を割くことです。

BtoB企業が会社説明を動画で行うと相手の反応が分かりにくい場合があります。
ライブ動画や直接営業に行く場合に比べて相手の反応をヒアリングするには弱い点があります。

動画作成は、担当者や企業トップなどの社内でアポイントメントを取る必要があります。
元々の業務でないので、余計な時間を取られたと感じる社員が出る可能性は否定できません。

このようなデメリットはあるものの、比較的軽微なものであり、メリットの大きさを考えると動画作成を検討する意義は十分あります。

4.会社紹介動画とはどのようなものなのか、3つのBtoB会社の成功実例のご紹介

最後にBtoB企業の会社紹介動画の実例を紹介していきましょう。

4-1. これぞ会社紹介動画の定番!「テックウインド株式会社」

東京のBTO製品(受注生産)の設計・製造・保守を行う企業がテックウインドです。
いかにもBtoB企業といえる同社ですが、短時間でどのようなビジョンを持っているかといった内容から、多岐にわたる同社の製品やサービスをテンポよく伝えているのがポイントです。

4-2. 自社のサービスがいっぱい紹介された「Norvell Jefferson 」の会社紹介動画

オランダアムステルダムの海外企業、Norvell Jeffersonは、様々なプロモーションサービスを行っています。
そんな多彩なサービスを視覚だけで表現しているユニークな会社説明動画です。
外国人でも何をしている会社なのか伝わってくるのがポイントで、海外企業へのPRの参考になる事例です。

4-3. 若いイケてる感覚がビシビシ伝わってくる「株式会社ネットプロテクションズホールディングス」の会社紹介動画

小売店などに後払い決済サービスを提供している同社ですが、定型的なトップや担当者のインタビュー延々とした商品紹介といった要素を排して、自社のパッションを伝える動画に仕上げられているのがポイントです。

まとめ

BtoB企業が自社を知ってもらうためには会社紹介動画が重要なマーケティング手段といえます。
短時間で、より多くのことを伝えることができ、場合によっては思いもよらないところから問い合わせがくるチャンスもあり得るのです。
たしかに動画作成中に撮影対象となる社員などが時間を取られるといったデメリットもありますが、そこまで大きなメリットではありません。

このようにメリットの大きいBtoB企業の会社説明動画ですが、より信頼感をクライアントに与えるためには動画制作会社へ依頼するのが一番の近道です。