iPhone版iMovieの使い方「便利ボタン」

iMovieで動画編集〜便利ボタン〜

前回のiPhone版iMovieで動画編集「トリミング編」はいかがでしたでしょうか?

前回は基本的なトリミングの方法を動画にてご紹介したのですが、今回はちょっと違ったやり方もあるのでご紹介していきます。

 

■知っておくと便利!「前に戻る」ボタン

と、その前に。iPhoneでの細かい操作なのでうっかり間違ったところをタップしてしまった。。なんてこともありますよね。

でも大丈夫。「Uターン矢印ボタン(勝手に命名)」をタップすれば一つ前の状態に戻ることができます。

iMovieの使い方1

これで多少の失敗も大丈夫!いろんなところをいじってみましょう。ちなみに、MacやWindows共通で「Ctrl(Command)+Z」でも同じ効果が得られます。

 

■クリップの真ん中をカット!「分割」ボタン

imovieの使い方3

前回の動画ではクリップ(タイムライン上の動画素材)の両端をドラッグしながら長さを調節する、という方法でしたが、今回はクリップの真ん中をばっさり一刀両断。分割ボタンの紹介です。

あらかじめクリップをタップし、黄色い枠を表示させておき、左下のハサミのマークをタップします。何もしていなければ最初から選択されているかもしれません。

imovieの使い方2

真ん中の縦のラインを分割したい部分に合わせ、ハサミの右上にある「分割」をタップ!

iMovieの使い方4

 

一つだったクリップが2つに分かれました。そう、まるでロミオとジュリエットのように…

 

最後のは余計でしたね。

前回紹介したクリップのトリミング方法と今回の「分割」を合わせて使うとより細かいトリミング操作が可能になります。

 

それでは、、、むむ…?

iMovieの使い方5

 

分割したクリップとクリップの間に見知らぬマークが…?

 

次回はこのマークの謎を解き明かす「トランジション編」をやっていきたいと思います。

先読みしたい方は→【コラム】iPhoneで動画編集【iPhone版iMovieの使い方】

株式会社Funusual

Instagram